So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ハムたん登場! [ハムスター]

 新しいハムスターを迎えた。
イエロージャンガリアンの女の子だ。
名前は「ハムたん」とした。

 ハムの下に「○ん」というのは考えていた。
何がいいかと考えていた時、富田靖子の「オレンジ色の絵葉書」が流れた。
そういえばアイコ十六歳の主人公のニックネームは「ラブたん」だった。
という訳で、ハムたんに決定した。

 次のハムはイエローの女の子が第一希望だった。
先週の水曜日にエスポットを確認したが、イエロー自体いなかった。
次にジャンボエンチョーに行くと、一匹だけいた。
選択肢がないのは気になるが、いいやと思い、予約した。
いろいろと準備をし、日曜日に迎えることにした。

 土曜日に電話があった。
下痢をしているようなので、二日ほど様子を見たいとのことだった。
そして今日、確認してみると、まだ治っていないとのことだった。
いつになるかわからないので、キャンセルした。

 となるとイエローは断念してエスポットから迎えるか。
ふと思い出したのがカインズホーム。
以前飼育環境が気になったのだが、とりあえず行ってみた。
少し前に店舗をリニューアルしたのだが、そのためかよくなっていた。
そしてイエローの女の子が結構いるではないか。

 手続きをして迎え入れた。
うろうろしていたが、地下型巣箱に入り、巣材も持ち込んでいた。
しばらくは様子見だが、元気で長生きしてほしい。
nice!(3)  コメント(0) 

新しいシェーバー [買い物]

 新しいシェーバーを買った。
BROWNのSeries 9 Amazon限定というヤツだ。

 今まで使っていたのは同じBROWNのSeries 7。
買ったのは7年以上前だったと思う。
外刃が欠けてしまったのだが、替え刃は5,000円以上する。
しかも、入荷するまでに結構かかるとのこと。
塗装が剥がれたり、洗浄液の切れが悪かったりしていたので、買い替えることにした。

 Series 7も考えたのだが、キワ剃り刃の形状が今イチだった。
今のもかなり早い時期にダメになってしまっていた。
だから今回は1ランク上のSeries 9にした。

 現状は非常に満足だ。
新しいのだから当たり前ではあるのだが。
新しいものを買うと、何かウキウキした気分になる。
nice!(5)  コメント(0) 

インフルエンザ! [雑感]

 インフルエンザに罹ってしまった。
2006年以来の人生二度目だ。

 大晦日の夜くらいから喉は痛かった。
それが年明け2日くらいには熱っぽい感じがした。
4日から仕事だったので、3日はずっと寝て、4日に病院に行った。

 診察ついでに、インフルエンザの検査もしておこうかということになった。
念のためというよりは、行きがけの駄賃という感じだった。
それが反応が出てしまったのだ!

 年明けの仕事の準備をするはずが、出社すらできなくなった。
予防注射をしようと思っていたが、例の蕁麻疹の関係でできなかった。
まさにその隙を突かれた格好だ。

 しかしこれ、いつから仕事行けるんだ?
やっぱり5日間はダメなのか?
nice!(4)  コメント(0) 

2018年 [雑感]

 2018年、平成30年の年が明けた。
18年の出来事はあまりなかった。
1918年の米騒動・原敬内閣成立と718年の養老律令制定ぐらいだ。

 干支でいうと「戊戌」。
高野長英が「戊戌夢物語」を著した天保9(1838)年と同じだ。

 平成は31年までになった。
「応永」の35年を上回ることはできなかった。

 明治になって一世一元が定められるまでは、結構頻繁に改元していた。
だから35年も続いたというのは結構異例だ。
これには政治的な思惑が関係している。

 時の権力者・足利義満は、明徳からの改元に際し「洪徳」を推した。
義満が憧れていた明の洪武帝にあやかったものだ。
だが朝廷をこれを拒否し、「応永」とした。
理由は二つ。
一つ目は、明徳→洪徳となり、同じ字を使った時はよくないことが起きている。
二つ目は、「洪」は洪水につながる。
このことに腹を立てた義満が、自分の生存中は改元を認めなかった。

 義満は応永15年に死去し、実権は息子・義持に移った。
普通ならここで改元解禁となるはずだった。

 義満・義持の親子仲はかなり悪かった。
義満に煮え湯を飲ませた「応永」は、義持にとっては実に愉快だったに違いない。
結局義持死去まで改元されることはなかった。
足利親子の確執が生んだ長期年号だった訳だ。

 義持の死によってようやく改元が実現した。
新しい年号は「正長」。
改元早々大事件が起きた。
「日本開白以来、土民の蜂起之初めなり。」とされた正長の土一揆だ。
後花園天皇の即位もあり、正長はわずか2年で永享に改元する。
最長35年の次がわずか2年というのも極端な話だ。
nice!(2)  コメント(0) 

昭和レトロまつり! [映画・TV]

 沼津で開催された「昭和レトロまつり」に行ってきた。
何がスゴイって、ゲストが超豪華だった。
3235.jpg
右から、「ミラーマン」の主人公・鏡京太郎を演じた石田信之氏。
「少年探偵団」でマジョこと秋吉めぐみを演じた山添三千代氏。
「バトルフィーバーJ」でバトルフランスこと志田京介を演じた倉地雄平(現:倉知成満)氏。
「帰ってきたウルトラマン」のスーツアクター、「電人ザボーガー」の中野刑事「大戦隊ゴーグルⅤ」のイガアナ博士を演じたきくち英一氏。
「人造人間キカイダー」のジロー、「イナズマン」の渡五郎、「バトルフィーバーJ」の二代目バトルコサックこと神誠を演じた伴大介氏。
「マッハバロン」や「ガンバの冒険」の主題歌を歌ったすぎうらよしひろ氏。
そして司会のショッカーO野氏。
一人来るだけでも行く価値十分だ。

 サイン会の後、16ミリフィルムの上映会があった。
上演したのはまず「バトルフィーバーJ」第19話。
この回はまだコサックが初代なので、伴氏は出ていないんだよな。

 ちなみに初代コサックは強化スーツを持っていない時に敵組織の襲撃を受けて落命した。
持っていかない理由を仲間に聞かれた時「クリーニングに出している。」と答えるシーンがあった。
後にこのシーンを採り上げて「強化スーツをクリーニングに出したために死んだヒーロー」としてネタにされたことがある。
実際はある少女の祖父が敵組織に殺されるのを守り切ることができず、目の前で祖父を殺された少女がずっとふさぎ込んでしまった。
ようやく心を開いた少女を気分転換に外に連れだそうとしたのだが、少女は強化スーツを「血の匂いがする」と怖がったため、強化スーツを持たずに出掛けようとしたのだ。
そこを仲間に見咎められたため、「クリーニング」と誤魔化したのだ。
報道の恐ろしさを痛感する出来事でもあった。

 「バトルフィーバーJ」にはヒーロー側の組織の一員として日高のり子氏も出演してい。
今見ると、声が浅倉南に聞こえてしまって何ともいえなかった。
その弟役は二代目大五郎だった。

 次が「ミラーマン」第40話。
最後が「電人ザボーガー」第2話だった。
第2話は第3話と続きになっているので、中途半端な感じが否めなかった。
後半の恐竜軍団シリーズだったらエンディングにきくち氏が出ていたのに。

 そういえば「マッハバロン」の主題歌は、無名時代のオフコースが歌っていたという都市伝説が80年代に流れていたことがあった。
すぎうら氏が所属していたのは「ノラ」。
オフコースと同じ系統のバンドで、80年代にオフコースが脚光を浴びていたことから両者を混同したのだろうか。
今と違ってネット情報なんてなかった時代だったからなぁ。

 本当に楽しいひとときだった。
またこういう企画ないかなぁ。
nice!(3)  コメント(0) 

まさかの「つむらや」閉店 [味覚人情報]

 先週駐車場がいっぱいで入れなかった「つむらや」。
今日こそはと思って行ったら、閉まっているではないか!
臨時休業というようなものも出ていない。
ネットで調べて知ったのが、11月29日で閉店していたということだ。

 月曜日は近くで仕事だったので、結構通った。
よく食べたのは「天もり」。
tsumura1.jpg
これは車海老。
tsumura2.jpg
これがきす。
他にイカもあった。
岩塩で食べるのがなかなか。
梅干しの天ぷらもあり、ご飯との相性もいい。

 時々食べたのが「とろろ」。
tsumura3.jpg
とろろ汁につけて食べるタイプは高尾山で初体験だった。
汁が余らなかったので、ご飯に掛けることはできなかった。

 「天いそ」は一度だけ食べた。
tsumura5.jpg

 温かい蕎麦も一度だけ。
tsumura9.jpg

 ご飯物で天丼も食べた。
これは「上天丼」。
tsumura6.jpg

 食べよう食べようと思っていて、やっと食べたのが「鴨せいろ」。
最初に食べようと思っていたら満車で入れず。
翌週は忘れていて、隣のテーブルの人が注文していて思い出した。
さらに翌週、ようやく食べることができた。
tsumura8.jpg

 次も必ずと思っていたのに、翌週も満車。
さらに翌週行ったら、閉店だった。
お気に入りの店が閉店していまうと、次がなかなか見つからない。
なかなかつらいなぁ。
nice!(3)  コメント(0) 

ショッカー首領時計 [雑感]

 「ショッカー首領時計」が届いた。
shocker.JPG
時間毎に納谷悟朗氏の声で「○○時だ。~。」と言ってくれる。
「~。」の部分は時刻によって異なる。

「12時だ。我がショッカーの宿敵・仮面ライダーを倒すのだ。」
「1時だ。どうなっているゾル大佐。」
「2時だ。行け。」
「3時だ。ショッカーの世界征服計画は着々と進んでいる。」
「4時だ。まだか死神博士。」
「5時だ。行け。」
「6時だ。我がショッカーの力は無限なのだ。」
「7時だ。狼狽えるな地獄大使。」
「8時だ。行け。」
「9時だ。世界は我々ショッカーのものだ。」
「10時だ。行けショッカーの者どもよ。」
「11時だ。行け。」

いろいろあって面白い。


 「狼狽えるな地獄大使。」は狼狽えている地獄大使の姿に目に浮かぶようだ。
これはやっぱり地獄大使だよな。
ゾル大佐や死神博士はあまり狼狽えそうにない。
4時は午前は寝てるし午後はまだ帰宅していない。
だから死神博士はまだ一度も聴いていない。

 ショッカーなので、残念ながらブラック将軍は出て来ない。
地獄大使の時は首領のエンブレムが少し違うのだが、それには目を瞑ろう。

 難点といえば、音量調整が今イチなこと。
最大だと少し大きいが、少し絞ると結構小さくなる。
これさえよければパーフェクトなのだが。
nice!(4)  コメント(0) 

ブルーウォーターシュリンプ [味覚人情報]

 9月に春日山城を訪れた時に訪れたお店です。
宿に入る前に食事を済まそうとして店を探した。
しかし、なかなか見つからない。
ファミレスでもいいと思ったが、それもない。

 ようやく発見したのが、ハワイ料理店「BLUE WATER SHRIMP」。
後でGoogleマップで見たら雀荘だった。
開店したばっかりだったのかな。

 未知の世界だったハワイ料理を教えてくれたのは「孤独のグルメ」。
Season4で寺島進が店主役で出ていた。

 春日山城で歩いたので、かなり空腹だった。
まずは「ガーリックシュリンプ」。
echigo1.JPG
ソースがたっぷりなのが嬉しい。
パンにたっぷりつけて食べられる。

 ご飯ものは「ロコモコ」を注文。
echigo2.JPG
ボリュームのあるハンバーグは食べ応え十分だ。

 そして「モチコチキン」。
echigo3.JPG
揚げたてジューシーで、実に美味しい。

 デザートも食べたのだが、撮り忘れてしまった。
どれも美味しくて、大満足。
でもちょっと食べ過ぎた。

 旅先のお店は再訪の可能性は低い。
でもまた行ってみたくなるお店だ。

ブルーウォーターシュリンプハワイ料理 / 直江津駅

夜総合点★★★★ 4.5


nice!(4)  コメント(0) 

発疹 [雑感]

 肩が痛くて整形外科に行った。
最初は左肩だった。
右肩を洗おうとすると痛みが走る。
それが右肩にも出て来たので、行くことにした。
今まで市内の整形外科には3つ行った。
そのうち2つは非常に時間がかかるので避けた。
もう1つは通勤途中ではあるが、家から少し遠い。
今回は掛かりつけの内科で話が出たことがある所にした。
初めて行く所だ。

 診察の結果、頸椎に問題があるということだった。
注射と薬、そしてリハビリを行うことに。

 リハビリでは首の牽引の後、別の治療器具に案内された。
「これを痛いところに当ててください。」と言われた。
とりあえず当ててみたのだが、少し時間が経つとブザーが鳴る。
この後どうするのか、説明が全然なかったので戸惑った。
誰も反応してくれないので、最初の看護師の所に行って聞いた。
ここでちょっと不信感。
思えばこれで行くのを止めておけばよかった。

 翌々週の水曜日に行って、注射とリハビリを受けた。
その夜、ふと見ると体に発疹が。
風呂場で鏡を見ると、全身にできているではないか!

 翌朝病院に駆け込み、見てもらった。
注射をしてもらい、飲み薬を出してもらった。
翌日、全然治っていないので、再び病院へ。
また注射。
四度目の通院だが、注射も四度目。
最近の病院でこんなに注射するのは珍しいのではないか。
治らないようなら、皮膚科に行くように言われた。

 二時間経っても全然ダメなので、皮膚科に行った。
採血をし、塗り薬と飲み薬を出してもらった。
これが金曜日の話。

 火曜日に皮膚科で血液検査の結果と共に見てもらう。
発疹が治まるまでは肩の治療はお預けだ。
だが治まっても、行くのは別の整形外科だ。
顔もひどいので、マスクで誤魔化している。
大谷刑部の頭巾が欲しい。
otani.jpeg
nice!(5)  コメント(0) 

Day One [PC・電子機器]

 四年ほど前から使っていた日記アプリ「Day One」。
iPhone・iPad・Macで同期できるので、便利だった。
だが今月に入ってから、突如同期されなくなった。

 以前にも同期されなくなった時はあった。
最初の時はデータの保管場所をiCloudからDropBoxに変更したら解決した。
二度目の時は、アプリを再インストールしたら解決した。

 ネットで検索しても解決策は見つからなかった。
そこで仕方なく、ニューバージョンに切り替えることにした。
こちらは少し前まで「Day One 2」という名前だった。
現在はインストールは無料だが、同期には年間で3,900円かかる。
別に構わないので導入した。

 後で発見したのだが、保管場所を「Day One Sync」したら解決した。
しかし、新バージョンだけにいろいろと便利なことが多い。
(有料なのだから当然といえば当然なのだが…。)
タイムラインの横に記事が表示されるので見やすい。
PDFに落とした時、ちゃんと記事の切れ目で改行してくれる。
メニューも日本語でわかりやすい。
もう旧バージョンには戻れないな。
nice!(4)  コメント(0) 
前の10件 | -
メッセージを送る