So-net無料ブログ作成

仕事納め [味覚人情報]

 ようやく仕事が片付いた。
昨日は夕方で終わりだった。
夕食はJIBにした。
いつもの海老フライ&カニクリームコロッケも考えた。
でもちょっと変えて、チキンカツにした。
ビーフカツも考えたのだが…。

 そして到着。
普通に考えたら、トンカツみたいな感じのだろう。
だが…
jib.jpg
ブツ切りのチキンカツがゴロゴロ。
カレーが見えないくらいに広がっている。
でもジューシーで非常によい。
ヘビーではあったが、無事完食。

 そして今日が仕事最終日。
午前中で終わりだったので、ランチは沼津の練翠。
いろいろ悩んだ挙げ句、ここに初挑戦。

 まずはスープ餃子。
水餃子と悩んだが、スープが欲しかったので、これにした。
rensui1.jpg
ラーメンの丼に大きい餃子がどっさり。
スープ代わりにしてはなかなかヘビーだ。
餃子の大きさとしてはこれが限界かな。
これ以上大きいと、皮とのバランスが悪そうだ。

 そして唐揚げネギソース。
rensui2.jpg
昨日チキンカツをどっさり食べたのに、またチキンにしてしまった。
たっぷりの濃厚ソースがいい。
残念なのは、唐揚げの下に敷いてある茹でた白菜。
味自体はいいのだが、そこから出る水分でソースが薄まっていた。
これさえなければ文句ナシだったのだが…。

 また他のメニューにもチャレンジしたい。
回鍋肉は玉ネギを使っているようなのでパスだが。

富士市の華園 [味覚人情報]

 午後に空き時間があったので、ランチは富士の華園に。
海老チリは心に決めていた。
あともう一品食べたい。
唐揚げは前回食べたし、前日にも食べた。
結論は麻婆豆腐。

 しばらく待って、まず海老チリが到着。
kaen1.jpg
ライスも欲しかったが、レタスを食べて待つ。
そして麻婆豆腐とライスも到着した。
kaen2.jpg

 まずは海老チリ。
大きめの海老がプリプリで非常に美味しい。
チリソースにはネギがたっぷり。

 麻婆豆腐は非常に辛く、汗が出て来た。
でも美味しい。
二品にあわせてライスもおかわりしてしまった。
定食を二人前食べたようなものだ。
その分夕食時にも全然お腹が空かなかった。

 やっぱりここもアタリだな。
また食べに来たいな。

Amazonプライム会員 [買い物]

 以前試しになってみたAmazonプライム会員。
一番の理由はお急ぎ便が使えるということだった。
メリットはKindleオーナーライブラリーが使えるということ。
費用は年間3,900円。
一か月当たり325円だ。
毎月一冊読めば元を取れると思った。

 しかし、オーナーライブラリーに読みたいと思う本がない!
今イチお得という感じがしなかった。
結局更新せずにそのまま終了した。

 先日買い物をした際、無料期間を使えるというので再登録した。
解約を忘れ、そのまま本登録されてしまった。

 しまった!と思ったが、念のためいろいろ確認してみた。
今まで気にしていなかったが、Prime Musicとプライム・ビデオが始まっていた。
これが使えるなら元が取れそうだ。
更新は来年11月。
そこまで様子を見ることにしよう。

孤独のグルメ Season5 [映画・TV]

 孤独のグルメ Season5が終了。
楽しませてもらった。
最終回のキャストが富田靖子だったのも嬉しかった。

 実は孤独のグルメを本放送で見たのは初めてだった。
今までずっとチャンネル銀河で見ていた。
初めて見たのはSeason2の第3話、わさびカルビだった。
たまたまつけたら、松重さんが美味しそうに食べていた。

 この番組、テレビ東京だから長続きしているのではないか。
当初はフジテレビに持ち込んで、ボツになったという噂もある。
だがフジだと、ちょっと視聴率がいいとゴールデンに移動するだろうな。
それでレギュラーキャストを増やしたりして、面白くなくなる。
Season2あたりで終わっていただろう。
テレ東でよかった気がする。

「花燃ゆ」最終回 [映画・TV]

 何だかんだで最終回みて見てしまった「花燃ゆ」。
とりあえず蛤御門までは見るつもりだった。
その後はどうしょうかと思っていた。

 しかし、蛤御門の後の方がむしろ面白かった。
前半は表の歴史に沿ってはいた。
だが、それと主人公とがリンクしていないのだ。
むしろ主人公が歴史の流れを妨害しているように感じた。
だが後半はドラマと主人公がしっかりリンクしていた。

 視聴率は、自分が見る判断材料にはしない。
過去最低と言われた「平清盛」も「花の乱」も、結構好きだったんだよな。
「花の乱」は山名宗全役の萬屋錦之介がものすごくカッコよかった。
野村萬斎がメジャー化したのも、この細川勝元役からではなかったか。
そういう意味では、もっと評価されていいのかもしらない。

 ちなみに、「花燃ゆ」には檀ふみと奥田瑛二が出演していた。
二人とも「花の乱」に森侍者と一休宗純でレギュラー出演していた。
大沢たかおも数話ではあるが、足利義材(義稙)役で出ていた。
そしたらとどめに主人公・日野富子の三田佳子も出て来た。

 大河ドラマは視聴率を気にしないでしっかりしたものをつくってほしい。
できれば原作アリの方が安心できる。
主人公も、別に新しい人物を開拓しなくてもいいんじゃないか?
メジャーな人物でも、時代によって評価が変わることはよくある
それに、新たな発見もあったりするし。
個人的には北条早雲がいいんだけどな。
昔北大路欣也主演でやったのを再放送してほしい。

Xperia Z2 Tabletを購入! [PC・電子機器]

 Xperia Z2 Tabletを購入した。

 今年1月、iPad Air2を買うつもりでiPad3を売却した。
だが、iPad miniと機能的に重複するのでやめた。

 代わりに購入したのがNexus7。
F-05Dで購入したがAndroidアプリが使えるのがメリットだった。

 だが問題もあった。
やはり画面が小さいのだ。
電子書籍などは、文字なら問題ないが、PC雑誌はかなり厳しい。

 やはりiPadと同等の10インチくらいが望ましい。
そんな中で注目したのがXperia Z2 Tablet。
Xperia.jpg

 昔からSONY製品には縁が深い。
初めてのラジカセ、初めての携帯電話、初めてのWindows機…。
初めて以外でもいろいろ使っている。
ウォークマン、ベータデッキ、ダブルデッキ…。
目覚まし用ラジオ付きデジタル時計も使っていたなぁ。
それでいて、イヤだと思ったことはないんだよな~。

源義経ミステリー [映画・TV]

 テレビ朝日で放送した「源義経ミステリー」。
義経が中心で、頼朝はどう扱われるのかを気にしつつ見た。

 結果は予想通りだった。
鎌倉武士が義経をよく思わなかったこと。
その声が頼朝を動かしたようにしていた。

 また、後白河上皇も単に義経を絶賛したとしか言っていなかった。
まるでそのことを頼朝が嫉妬したかにとれるように感じた。

 鎌倉武士の不満はたった一言で済む。
彼らは手柄を立てて恩賞をもらいたいのだ。
義経の戦法では、勝利は得られるが手柄を立てられない。

 後白河上皇についても、頼朝を牽制するために義経を利用しただけだ。
頼朝が武士を一本化しようとしたのを妨害したことにはノータッチだ。

 腰越状についても、情の部分についてしか触れていない。
義経の行為が鎌倉幕府設立の障害になっている点にも触れていない。
頼朝が一方的に悪者になっている感じがした。

 ただ、藤原泰衡に対しては同情的だった。
父の遺言と平泉の平和。
どちらをとるべきかの苦悩を好意的に解釈していた。
結局攻めてきた頼朝は…ってことになるが。

 そう考えると頼朝って損な役回りだな~。
ま、今回は頼朝に滅ぼされた方が主役だから仕方ないか。

久しぶりのテニス [テニス]

 GW以来、久しぶりにテニスに行った。
GWに足を痛めて、運動は三ヶ月おあずけだった。
ドクターストップが解除された時は演奏会が近くなっていた。
当然テニスより三味線が優先された。

 演奏会も終わり、ようやくテニスに行けるようになった。
今までは夜の練習だったが、パターンを変えて昼に参加。
夏はわからんが、冬は昼の方がいいかな。

 運動自体久しぶりなんで、バテたな~。
途中腰が痛くなったが、程なく回復。
楽しめた。

 帰りに花の湯に寄った。
すぐに汗を流して気分もさっぱり。

 そして夕食はJIBへ。
前回これだ!と感じたエビフライカレー+カニクリームコロッケ。
jib.jpg
やはり満足!

 休日を満喫した感じの一日だった。
今夜はぐっすり眠れそうだ。

さらば!Firefox [PC・電子機器]

 長いことブラウザはFirefoxを使っていた。
端末間のブックマークの同期が楽だった。

 難点は、よくクラッシュすること。
また、重いというのもあった。

 Chromeにしたいとも思った。
だがChromeにはブックマークのサイドバーがない。
この機能が譲れなかった。

 何とかならないかと、いろいろ試した。
そして解決策(というほどではないが…)。

 ホーム画面にブックマークマネージャーを設定する。
そこでブックマークをダブルクリックすれば、別タブで開くのだ。
これなら機能的には全く問題ない。

 Safariの同期もChromeに変更した。
軽いし、クラッシュもない。
これで快適に使える。
Firefoxよ、今までありがとう。

仏教 [歴史]

 今日は近所の葬式の手伝いに駆り出された。
葬式で感じるのは、江戸幕府の宗教政策の見事さだ。

 日本の仏教は非常にパワフルだった。
もっとも、日本の仏教に限った訳ではないのだが…。

 信者を獲得するための様々な工夫。
その自信からくる他宗派への攻撃。
他宗派のみならず、政治権力ともしばしば衝突した。

 宗教的権威に対し、政治権力は手出しができなかった。
初めてそれを実行したのが織田信長だった
信長は宗教勢力の武力を徹底的に排除した。

 勘違いされがちだが、信長は宗教弾圧はしていない。
比叡山延暦寺の焼き討ちや一向一揆の弾圧は有名だ。
だが、天台宗や一向宗を禁止してはいない。
日蓮宗に対しても、安土宗論で排他的な部分は禁止した。
だが、日蓮宗の布教を禁止してはいない。

 そして秀吉の刀狩。
宗教勢力の武力を奪った。

 仕上げの江戸幕府は、寺院を役所化した。
寺院にとって信者は、獲得するものではなくなった。
努力しなくても、最初から割り当てられているのである。
仕上げが鞭ではなく、飴なのが見事だ。

メッセージを送る