So-net無料ブログ作成

ネットワークカメラ [PC・電子機器]

 ハムスター用ネットワークカメラ「Planex CS-WMV04N2」。
いつからか外からつながらなくなってしまった。

 以前にも同様のケースがあった。
原因は自宅とサーバーのIPアドレスの不一致だった。
今回もそんな気がしなくもない。
だが当時とサーバーの仕様が変わってしまった。
一旦はサーバー事業を止めようとした。
だがユーザーからの要望で、仕様を変えて継続することにしたようだ。
そんなこともあり、やり方がわからない。

 いろいろと探ってみた。
「ドメイン設定の変更」というのを恐る恐る選択。
そこに「アクセス元IPアドレス」が載っている。
サーバーのIPアドレスは変更できるようになっている。
そこにアクセス元IPアドレスを入力してみた。

 Wi-Fiを解除して、4Gでアクセスしてみた。
おお!無事つながるではないか!
ようやく解決、これで安心して見ることができる。

LINE for iPadの終了 [Apple]

 LINE for iPadが終了した。
聞いてはいたが、ついにログインできなくなった。

 たまたまなのか、もうダメなのか。
ネットで調べてみると、望外の記事を発見した。
iPad用のLINEで、LINE for iPadと同じ使い方ができる!

 iPhoneのLINEの送受信がiPadでもできる。
もちろん、iPadでの送受信はiPhoneに反映される。
これならLINE for iPadが終了しても問題ない。

 但し、iPhoneの履歴すべてがiPadに反映される訳ではない。
あくまでもメインはiPhoneということだ。
それは問題ない。

 早速設定してみた。
iPadでメールアドレスを使ってログイン。
iPadに認証番号が表示されるので、それをiPhoneに入力。
これで連携が完了。

 使ってみると、なかなかいい。
LINE for iPadだと途中から絵文字やスタンプが使いづらかった。
キーボードが引っ込まず、スタンプ選択の画面を隠していた。
今度は問題なく使える。
iPhoneのスタンプもそのまま使える。
これで安心なのだ。

ハワイ食堂レアレア [味覚人情報]

 「孤独のグルメ」でハワイ料理の話があった。
なかなか美味しそうだったので、一度行ってみたいと思っていた。
だが、舞台となった店は東京、なかなか行く機会がない。
そんな中、通勤途中で見つけたのが「ハワイ食堂レアレア」。
早速行ってみた。

 近くに駐車場はありが、空いているのか不安。
いつも駐めている駐車場からは700m。
ま、問題ないかと歩いて向かった。

 店に入ると他に客はいなかった。
注文したのは「コメコチキン定食」と「ガーリックシュリンプ」。
ガーリックに不安はあったが、マスクのシーズンなので大丈夫だろう。
オックステールスープはなかった。

 まずはガーリックシュリンプが到着。
IMG_3414.JPG
さすがに孤独のグルメほどガーリックたっぷりではなかった。
安心なようなガッカリなような…。
でも味は非常に満足。
殻ごと問題なく食べられる。

 そしてモチコチキン定食。
IMG_3415.JPG
これも美味しいなぁ~。
餅粉の唐揚げというのもなかなか。

 こうなるとやはりオックステールスープも食べたい。
どこかにないものかな。

海老やの4色丼 [味覚人情報]

 仕事途中で発見した「海老や」。
「漁師のおかず」という肩書きに惹かれる。
早速入ってみた。

 店内は至ってシンプル。
小料理屋というか小さい居酒屋という感じ。
「孤独のグルメ」に登場した美保純の店みたい。

 ランチメニューにあった「黒むつ煮」を注文。
しかし売り切れだったので、「4色丼」に変更。
そして到着。
yonshoku.jpg

 「漁師のおかず」の名に恥じない美味しさ。
場所的に丁度いいし、これは木曜日の定番になるか。
次は黒むつ、食べられるかな。

本能寺ホテル [映画・TV]

 映画「本能寺ホテル」を見てきた。
当初の予定では先々週の火曜日のはずだった。
何だかんだで延び延びになり、やっと今日行けた。
honnoji.jpg
 ネタバレしない程度にストーリーを紹介。
やりたいことが見つからない主人公が本能寺にタイムスリップ。
信長と接することでやりたいことを見つけるというものだ。

 本能寺の変の真相については深くは語られていない。
蘭丸が光秀を打擲するシーンがあった。
だから怨恨説と言えなくもない。
本筋には殆ど関係ないが。

 ちなみに信長は主人公から光秀謀反を知らされた。
だが脱出はしなかった。
秀吉に後を託す手紙を送った。
主人公が持っていたパンフレットには人々の笑顔があった。
自分がいなくなっても、人々が笑顔になるならいい。
そんな感じだった。
秀吉に託すというのは安易な感じだが…。

 主人公・綾瀬はるかの恋人の父親役で近藤正臣が出ていた。
近藤正臣といえば「国盗り物語」の明智光秀。
何かやってくれないかと思ったが、それはなかった。
脚本が三谷幸喜だったらあったかな。
メッセージを送る