So-net無料ブログ作成
検索選択
ハムスター ブログトップ
前の10件 | -

ハムりんハウスの改造 [ハムスター]

 前々から考えていたハムりんハウスの改造。
といっても別に大袈裟なものではない。
改造したのは「回し車」である。

 ハムりんハウスには衣装ケースを使用している。
普通なら回し車は置いて使用するのだが、しっかり固定したい。
そこで、スタンドに穴を空けてケースの壁に固定した。
しかしネットワークカメラで上から撮ると、土台部分が邪魔になる。

 久しぶりに使用したのが「ホットカッター」。
半田ごての先端が平らになっているヤツだ。
これで土台部分を切り取った。
ついでに、固定用の穴も空け直した。
これでバッチリだ。
ham.JPG
 撮影アングルも問題ナシ。
あとはネットの調子が回復してくれればバッチリなのだが…。

ハムりん(二代目)登場! [ハムスター]

 ハムぺ〜が身罷って数日。
そこにいるはずのものがいない寂しさ。
このままではハムがいない正月になってしまう。

 本来ハムを招くのに最適なのは春か秋。
寒さ厳しいこの季節はいいとは言えない。
だが結局招くことにした。

 今回はパールホワイトに決めていた。
我が家で一番長寿だったハムシロウはパールホワイト。
それに肖った。

 過去三匹同様、ホームアシスト柿田川店を考えた。
そこで悩んだ場合に備え、エスポット沼津駅北店をチェック
パールホワイトは女の子が三匹と男の子が一匹いた。
プディングもいたが、同じ色を続けるのは避けたい。

 帰宅しながら考えた。
別にホームアシスト柿田川店まで行かなくてもいいか。
選択肢があるので、女の子に決定。
夕方もう一度訪れ、購入した。

 三匹のなかで一番元気な子にした。
一番小さくもあったが、そこは問題なし。
IMG_2430.JPG
 名前はどうしようか。
伝統としては「ハム+平仮名」。
「ハムたん」というのが最有力候補だった。
でも結局「ハムりん」にした。
前の女の子の名前を受け継いだ。

 今回は最初から地下型巣箱を与えた。
結構上手に使っているようだ。
またじっくり観察していこう。

さらばハムべ~ [ハムスター]

neo_098.JPG
 ハムべ~が身罷った。
13日の夜に回し車で遊んでいた。
その後地下に潜ったので、食事を入れ替えた。

 丸一日経ったのに、餌入れに変化がなかった。
覆いを取って見ると、動いていない。
透明板を外して確認すると、冷たくなっていた。

 冬眠かもしれないと思い、温めてみた。
その状態で一日置いたが、ダメだった。
遺体を確認すると、下痢の形跡があった。

 思えば新聞紙の床材が汚れていた。
その時に気づいてあげられなかったのが悔やまれる。

 我が家に来てもうすぐ二年。
楽しい思い出をありがとう。
安らかに眠っておくれ。

ハムべ~地下型巣箱へ [ハムスター]

 なかなか地下型巣箱に入ってくれないハムべ~。
巣穴の近くを彷徨いても、仮の家に入ってしまう。
地下型巣箱の管理人・入澤さんに相談してみた。
仮の家を傾けて、そのまま巣穴に滑り込ませては、とのこと。
早速やってみた。

 だが問題なのは、なかなか仮の家から出て来ない。
やっと出て来たと思ったら、滑り込まずに隙間から逃れた。
ならばということで、持久戦。
仮の家がなければ、巣穴に入るしかないはず。
しばらく待ち続けると、ようやく入ってくれた。


 入ってからはスムーズに巣作りに入ってくれたようだ。
ひとまずは安心。
よかったよかった。

ハムべ~に地下型巣箱を [ハムスター]

 いよいよハムべ~に地下型巣箱を与えた。
今はまだ仮の家に入っている。
果たしていつ地下に入ってくれるか。
自分が見ている時に入ってくれるといいのだが…。
感動のシーンは見られるかな。

 後でサイトで確認してみた。
仮の家を使わずにいきなり与える方法が載っていた。
いつの間にそんな方法が…。
もう一度確認しておけばよかった。

005919.jpg

ハムべ~登場! [ハムスター]

 やはりハムがいないと寂しい。
ハムりんの死から間もないが、新しいハムを迎えた。
迎えるのは夕方にするので、まずは昼間下見に行った。
予めどこから迎えるかを決めておきたかったからだ。
候補はエスポット駅北店とホームアシスト柿田川店。
久々にバイクも動かしたかったので、まず遠い方から。
ハムきちとハムりんを迎えたホームアシスト柿田川店だ。

 今回はパールホワイトの男の子にするつもりだった。
過去九匹のハムのうち、最も短命だったハムりんは女の子
次に短命だったハムのすけはロボロフスキーだった。
他はすべてジャンガリアンの男の子だ。
やはりジャンガリアンの男の子がいいかな。

 最も長生きしたのがパールホワイトのハムシロウだった。
だから験を担いでパールホワイトを考えた。

 ホームアシストに到着し、ペットコーナーに向かう。
パッと見ると、ハムがあまりいない感じだった。
だがよく見てみると、単に世話をしている最中だっただけだった。

 安心してハムたちを見てみる。
イエロージャンガリアンの男の子が二匹いる。
しかも、ハムきちの時と違ってあまり巨漢でもない。
いきなり即決で、イエロージャンガリアンにした。
だがバイクだし、ケージの準備もしていない。
ハムを決め、予約票だけもらって帰宅した。

 食器、給水器、回し車を設置する。
トイレは設置するが、砂浴び場はトイレを覚えてからにする。
仮の家は紙ケースをそのまま使用する。
これで準備は完了だ。

 夕方になり、車でホームアシストに向かう。
夕方だけに、多少道が混んでいる。
元々沼津から三島方面は混雑しているのだが…。
neo1534.jpg
 さて名前をどうするか、いろいろ考えた。
まず「ハムてん」。
我が家に迎えた十番目のハムなので、そのまま。

 次に「ハムじろー」。
じろーの「じ」は徳川第十代将軍家治の「治」だ。
足利第十代将軍義稙は流転の人生なので避けた。
そういえば、義稙の将軍再任はなぜ十二代にカウントしないのだろう。
後醍醐天皇みたいに、ずっと将軍だったという主張なのかな。

 結局名前は「ハムべ~」にした。
原点回帰ということで、初代の名前に戻した。
それに十代目は初代に通じる感じがした。
第十代崇神天皇は初代神武天皇を投影したのがというのもあるし。
ただ、全く同じ「ハムべえ」では紛らわしいので、「ハムべ~」にした。
初代が「じんべえ」に対し、十代目は「地獄先生ぬ~べ~」かな。

 長生きしてくれよ、ハムべ~。

さようなら、ハムりん… [ハムスター]

 ハムりんが身罷った。
年末から歩き方がおかしくなり、病院に連れて行った。
足が動いていないと言われ、栄養を摂らせるようにしていた。
その甲斐もなく、旅立った。
rin_156.jpg
 2月27日、外出先で見た映像で姿は確認できていた。
だが、帰宅して見てみると、位置が変わっていない。
巣箱の入口なのだが、何をしても反応がない。
冷たくはないが、全く動かない。

 動体検知動画が確認してみた。
2月26日午前11時過ぎに最後の反応があった。
自分が家を出た直後の時間だ。

 生後約11か月、人間でいえば34歳というところか。
我が家の歴代ハムスターの中では最も短命だった。
先輩のハムたちと同様、庭に埋葬した。

 さようなら、ハムりん。
今までありがとう。

ハムりんの足が… [ハムスター]

 最近ハムりんの歩き方がおかしいことに気づいた。
何かヨチヨチ歩きのように見える。
足が動かないようにも見えたが、ちゃんと毛繕いしていた。
だがこのところ、毛艶が悪くなってきた。
背中の中央を走っているはずのラインも曲がっている。
まずいと思い、病院に連れて行った。

 診断の結果は、足が動いていないとのことだった。
落下か何かで、脊椎を損傷したのではないかとのことだった。
生まれてからまだ十ヶ月のハムりん。
人間なら30歳くらいだ。
快適に暮らせるように、何とか手を尽くして行こう。

ハムスター釣り [ハムスター]

 大阪の露店で「ハムスター釣り」が現れ、物議を醸しているそうだ。
動物虐待だ、とネットでも評判になったそうだ。
結果的に無届け営業ということで、すぐに姿を消したとのこと。

 一番気になるのは、「覚悟」の問題。
金魚であれば、祭りのノリで入手してもそれなりに飼育はできる。
だがハムスターくらいになれば、それだけでは済まない。
飼育環境も必要だし、知識もなければダメだ。
祭りのノリだけで済まないのだ。
その結果、死んでしまったり、捨ててしまったりする。

 動物虐待と言っていた人々はそこまで考えていたのか。
単に金魚はよくてハムスターがダメというのでは、あまりに安易だ。
鯨はダメで牛はいいのかというのと同じ問題になってしまう。
逆に動物間差別になってしまう。
果たしてどうなのか。

ハムりん登場! [ハムスター]

rin002.jpg ハムのいない生活に耐えられず、新しいハムを迎えた。
名づけて「ハムりん」。
ジャンガリアン・ブルーサファイヤの女の子だ。

 本当はハムきちと同じプディングを迎えるつもりだった。
プリンの「リン」でハムりんだった。
しかし、プディングはいなかった。
今回は女の子を迎えることに決めていた。
だが、女の子はノーマルグレーとブルーサファイヤしかいなかった。
今までがノーマル3、ブルー2、パール1、プディング1。
ノーマルは避けたかったのでブルーにした。

 紙ケースをそのまま仮の家にし、巣材も置いておいた。
だが、巣材をトイレに持ち込み、トイレを家にしてしまった。
この先どうなることやら。
前の10件 | - ハムスター ブログトップ
メッセージを送る