So-net無料ブログ作成

PX-G5000が復活 [PC・電子機器]

 かなり前からPX-G5000が不調だった。
印刷しようとすると、用紙を空送りしてしまう。
何回かやり直して、ようやく上手く行くかな、という感じ。
諦めて、売却して新しいのを買おうかと考えた。

 とは言っても、ブリンタは他のも持っている。
B4サイズ以上が印刷できるのがこれしかない。
だから印刷さえできればいい。

 新品である必要もないので、ヤフオクで探した。
手頃なものがあったので、入札した。
最高額のまま来て、終了まで1分を切った。
もらった!と思った瞬間、突如終了した。
出品者がオークションを終了したのだ。

 他を探そうかとも思ったが、試してみたくなったのがこれ。
clean.jpg
クリーニングシートは以前にも試したことがあった。
だがそれはノーマルなA4タイプ。
A3サイズはやったことがなかった。
しかも使い切りタイプというのに惹かれた。

 3枚のうち2枚を使って徹底的にクリーニング。
汚れも出なくなったので、早速印刷してみた。
おぉ!問題なく印刷できた!
見事に復活してくれた。

 次の課題は設置場所だ。
ホコリが入り込んだのが故障の原因の可能性が高い。
今置いてある場所はホコリ対策は結構しやすい。
用紙の挿しっぱなしもやめ、蓋も普段は閉じておくようにする。

 問題はPCまでの距離だ。
プリントサーバー導入も考えたが、古い機種にそれはもったいない。
USB延長ケーブルをつないで、届くかどうか確認してみた。

 まずPX-G5000にUSBケーブルをつなぐ。
これ自体も結構長いタイプ。
これに延長ケーブルをつなぐ。
そしてPC背面のUSB端子にもう一本の延長ケーブルを挿す。
そしてその両端が…余裕で届くではないか!

 この作業の中で、延長ケーブルをもう一本発見。
Macともつなぐことができた。
もともとそのつなぎ方でWindowsとMacで共有していたんだった。
でも延長ケーブルもう一本はいつ買ったんだっけ?
ま、解決したからいいか。
基本はB4以上の時だが、これからも活躍してもらおう。
nice!(4)  コメント(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。