So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ショッカー首領時計 [雑感]

 「ショッカー首領時計」が届いた。
shocker.JPG
時間毎に納谷悟朗氏の声で「○○時だ。~。」と言ってくれる。
「~。」の部分は時刻によって異なる。

「12時だ。我がショッカーの宿敵・仮面ライダーを倒すのだ。」
「1時だ。どうなっているゾル大佐。」
「2時だ。行け。」
「3時だ。ショッカーの世界征服計画は着々と進んでいる。」
「4時だ。まだか死神博士。」
「5時だ。行け。」
「6時だ。我がショッカーの力は無限なのだ。」
「7時だ。狼狽えるな地獄大使。」
「8時だ。行け。」
「9時だ。世界は我々ショッカーのものだ。」
「10時だ。行けショッカーの者どもよ。」
「11時だ。行け。」

いろいろあって面白い。


 「狼狽えるな地獄大使。」は狼狽えている地獄大使の姿に目に浮かぶようだ。
これはやっぱり地獄大使だよな。
ゾル大佐や死神博士はあまり狼狽えそうにない。
4時は午前は寝てるし午後はまだ帰宅していない。
だから死神博士はまだ一度も聴いていない。

 ショッカーなので、残念ながらブラック将軍は出て来ない。
地獄大使の時は首領のエンブレムが少し違うのだが、それには目を瞑ろう。

 難点といえば、音量調整が今イチなこと。
最大だと少し大きいが、少し絞ると結構小さくなる。
これさえよければパーフェクトなのだが。
nice!(4)  コメント(0) 

ブルーウォーターシュリンプ [味覚人情報]

 9月に春日山城を訪れた時に訪れたお店です。
宿に入る前に食事を済まそうとして店を探した。
しかし、なかなか見つからない。
ファミレスでもいいと思ったが、それもない。

 ようやく発見したのが、ハワイ料理店「BLUE WATER SHRIMP」。
後でGoogleマップで見たら雀荘だった。
開店したばっかりだったのかな。

 未知の世界だったハワイ料理を教えてくれたのは「孤独のグルメ」。
Season4で寺島進が店主役で出ていた。

 春日山城で歩いたので、かなり空腹だった。
まずは「ガーリックシュリンプ」。
echigo1.JPG
ソースがたっぷりなのが嬉しい。
パンにたっぷりつけて食べられる。

 ご飯ものは「ロコモコ」を注文。
echigo2.JPG
ボリュームのあるハンバーグは食べ応え十分だ。

 そして「モチコチキン」。
echigo3.JPG
揚げたてジューシーで、実に美味しい。

 デザートも食べたのだが、撮り忘れてしまった。
どれも美味しくて、大満足。
でもちょっと食べ過ぎた。

 旅先のお店は再訪の可能性は低い。
でもまた行ってみたくなるお店だ。

ブルーウォーターシュリンプハワイ料理 / 直江津駅

夜総合点★★★★ 4.5


nice!(4)  コメント(0) 

発疹 [雑感]

 肩が痛くて整形外科に行った。
最初は左肩だった。
右肩を洗おうとすると痛みが走る。
それが右肩にも出て来たので、行くことにした。
今まで市内の整形外科には3つ行った。
そのうち2つは非常に時間がかかるので避けた。
もう1つは通勤途中ではあるが、家から少し遠い。
今回は掛かりつけの内科で話が出たことがある所にした。
初めて行く所だ。

 診察の結果、頸椎に問題があるということだった。
注射と薬、そしてリハビリを行うことに。

 リハビリでは首の牽引の後、別の治療器具に案内された。
「これを痛いところに当ててください。」と言われた。
とりあえず当ててみたのだが、少し時間が経つとブザーが鳴る。
この後どうするのか、説明が全然なかったので戸惑った。
誰も反応してくれないので、最初の看護師の所に行って聞いた。
ここでちょっと不信感。
思えばこれで行くのを止めておけばよかった。

 翌々週の水曜日に行って、注射とリハビリを受けた。
その夜、ふと見ると体に発疹が。
風呂場で鏡を見ると、全身にできているではないか!

 翌朝病院に駆け込み、見てもらった。
注射をしてもらい、飲み薬を出してもらった。
翌日、全然治っていないので、再び病院へ。
また注射。
四度目の通院だが、注射も四度目。
最近の病院でこんなに注射するのは珍しいのではないか。
治らないようなら、皮膚科に行くように言われた。

 二時間経っても全然ダメなので、皮膚科に行った。
採血をし、塗り薬と飲み薬を出してもらった。
これが金曜日の話。

 火曜日に皮膚科で血液検査の結果と共に見てもらう。
発疹が治まるまでは肩の治療はお預けだ。
だが治まっても、行くのは別の整形外科だ。
顔もひどいので、マスクで誤魔化している。
大谷刑部の頭巾が欲しい。
otani.jpeg
nice!(5)  コメント(0)